新型コロナウイルス感染症関連情報

【栃木県薬剤師会からの情報】

 ※各種情報は栃薬メールで配信しています。配信を希望される会員は栃木県薬剤師会事務局までご連絡ください。

 新型コロナウイルス感染症関連通知一覧 → 会員ページへ

**薬剤師の皆さまへ**
 1月13日、政府より栃木県を対象に含めた緊急事態宣言が再発令されました。また、同日、栃木県四師会協議会は記者会見を開き、「栃木県医療緊急事態」を宣言し、新型コロナウイルス感染症を打破する強い決意を示しました。
 会員の皆さまにおかれましては、地域住民・患者さまへ感染防止のための啓発活動を積極的に実施していただくとともに、より一層の感染対策を講じていただくよう、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
                             令和3年1月15日
                             一般社団法人 栃木県薬剤師会 会長 渡邊 和裕
**薬剤師の皆さまへ**[pdf] R3.1.15
**家庭内・職場内でのクラスター対策フリップ**〈栃木県薬剤師会作成〉

 

**会員の皆様へ**
 医療関係9団体による「医療緊急事態宣言」が発出され、また、栃木県においては「栃木県医療危機警報」が発令されました。
会員の皆さまにおかれましては、年末年始の会食や不要不急の移動を極力お控えいただくとともにより一層の感染対策を講じて県民に適切な医療が提供できるようご協力を賜りますようお願い申し上げます。
                              令和2年12月25日
                              一般社団法人 栃木県薬剤師会 会長 渡邊 和裕
『医療緊急事態宣言並びに栃木県医療危機警報の発令について』[PDF]
『別添1)医療緊急事態宣言、別添2)日本薬剤師会山本信夫会長発言要旨、別添3)栃木県医療危機警報』

 

 会員の皆様へ

 毎々、本会会務の運営にご協力を賜りありがとうございます。
 今、日本のみならず全世界が新型コロナウイルス感染症に対する恐怖に曝されています。この間、同感染症でお亡くなりになられた方々には慎んで哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈りいたします。
 4月7日に安倍総理大臣より、戦後、日本において初めて緊急事態宣言が発令され、東京をはじめ、感染者の多い7都府県が指定されました。しかしながら、感染者数は増加の一途をたどり、ついに4月16日には、先の宣言から10日間足らずで全都道府県が緊急事態宣言対象地域となり、本件においても不要不急の外出の自粛が要請されました。見えない敵がまさに身近に忍び寄り襲いかかってきています。
 我々、薬剤師も自分の身を守りつつ、医療人として日々来局される患者さんと県民の皆様の健康を守るべく、しっかりと対応していかねばなりません。
 また、日々の業務の中で電話診療が特別措置として認められて、薬局の服薬指導が電話で可能となり、お薬も郵送可能となるケースが急増すると考えられます。全てが初めてのケースである状況の中で日常業務が混乱することが想定されますが、会員の皆様におかれましては、しっかりと冷静にご対応いただきますよう、強く希望いたします。
 国から割り当てられましたマスクは、会員薬局に対し一律20枚ではございますが配布させていただきました。また、今後とも、皆様
にご活用いただけるよう国に継続して要望してゆく所存です。
 この国難に打ち勝つべく、私たち栃木県薬剤師会は、会員の皆様とONE TEAMとなって立ち向かっていきたいと強く思っています。頑張りましょう!そして、何より未知との戦いです。情報をしっかり共有していきたいと考えておりますので、一層のご協力を宜しくお願いいたします。
 最後に、新型コロナウイルスに感染され、今も療養されている皆様の1日も早いご回復をお祈り申し上げると共にこの緊急事態が早期に終息することを心より願っています。
                             令和2年4月22日
                             一般社団法人 栃木県薬剤師会 会長 渡邊 和裕

薬局の感染防止対策等の支援事業について 
 厚生労働省より支援事業の対象経費等の新たな考え方が示され、栃木県保健福祉部薬務課より、通知が発出されました。
 ・対象経費について、これまで認めていなかった「日常業務に要する消耗品」等も対象になりました。(Q&A第10版) 
  ただし、従前から勤務している者及び通常の医療の提供を行う者にかかる人件費は対象外。
 ・これまでは、支援金の申請は各薬局1回のみでしたが、既に申請した薬局で、70万円に満たない額で申請した場合、再申請ができることになりました。ただし、すでに上限額(70万円)を申請している薬局は、再申請することはできません。

 再申請を希望する薬局や未だ申請を行っていない薬局は、お早めに申請してください。

 ※最終受付締切:令和3年2月28日

 ・保険薬局における感染拡大防止等支援事業についてR3.1.8[pdf]
 ・再申請フローチャート[pdf]
 ・新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関するQ&A(第10 版)R2.12.22[pdf]
 
 〇栃木県薬務課HP
 ➢ http://www.pref.tochigi.lg.jp/e08/welfare/kusuri/kusuri/20200804sienkin.html

 〇手続きに関するお問合せ先
 ➢ コールセンターTEL:050-2018-0991 平日8:30~17:15

 


積極的発熱患者受入保険薬局指定事業について R2.12.1
 新型コロナウイルス感染症が発生する中、今後のインフルエンザ流行期を見据え、積極的に発熱患者に対応する保険薬局に対して、「積極的発熱患者受入れ保険薬局」として県が指定し、支援する事業が実施されます。

 県内保険薬局には、別途郵送でも通知を送付いたしておりますのでご確認ください。

 


医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業について(情報提供)
 令和2年第二次補正予算薬局の感染防止対策等の支援事業における「医療機関・薬局等における感染防止拡大防止等支援事業」について、厚生労働省よりマニュアル及び申請書の標準的なモデルが示されました
 今後、県より事業の詳細が示されることになります。申請の際には、県が示した申請書を使用することにご留意ください。
 医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業について(情報提供)R2.7.16[PDF] 

 


令和2年度第二次補正予算 薬局の感染防止対策等の支援について(情報提供)
 令和2年第二次補正予算が閣議決定され、感染拡大防止等の支援を行うことを目的として、新たに、薬局における感染症対策に係る費用について支援されることが盛り込まれました。事業の詳細については、決定次第通知がある予定です。
 ・令和2年度第二次補正予算 薬局の感染防止対策等の支援について(情報提供)R2.7.1[PDF]
 ・別添)薬局の感染防止対策等に要する費用(例)

 


薬局における薬剤交付支援事業の実施について
 新型コロナウイルス感染症患者等への支援として、電話や情報通信機器による服薬指導等を行った患者に対して薬局が薬剤を配送等する費用等が国から支援されることとなりました。
 つきましては、実施要領により、令和2年4月30日以降に栃木県内の薬局が「0410事務連絡」等に基づき、調剤及び電話等による服薬指導を行い、患者宅等に薬剤を届けた場合は、当該費用を「薬剤の配送等実施状況報告書」に記載のうえ、栃木県薬剤師会宛ご提出ください。
※R2.7.31 第二次補正予算の成立を受け、5月13日付けでお知らせした実施に関する留意点等が一部改正されました。
※R2.5.13 5月8日付けでお知らせした実施要領等に変更がありましたので、5月13日付け「薬局における薬剤交付支援事業の実施に関する留意点等について」の通知に最新の実施要領を掲載しております。ご確認のうえご対応くださるようお願いいたします。

 —- 事業実施概要 —
 ◆1月・2月分の実施状況取りまとめ期間及び提出期限について
 以下の日程で取りまとめ、ご提出をお願いいたします。

  取りまとめ期間 提出期限
1月1日(金・祝)~1月15日(金) 1月18日(月)
1月16日(土)~1月31日(日) 2月 3日(水)
2月 1日(月)~2月15日(月) 2月18日(木)
2月16日(火)~2月28日(日) 3月 3日(水)

 

薬局における薬剤交付支援事業の実施に関する留意点等について(実施要領の一部改正)R2.7.31[PDF]
薬局における薬剤交付支援事業の実施に関する留意点等についてR2.5.13[PDF]
 —- 報告書様式 —-
薬剤の配送等実施状況報告書 (7月31日改定版)[Excel]
 8月分からの実施状況報告は、こちらの様式でご提出ください。
◆薬剤の配送等実施状況報告書 (5月13日改定版)[Excel]
 7月分の実施状況報告は、こちらの様式でご提出ください。

[提出先:栃木県薬剤師会事務局 専用メールアドレス]  mail@tochiyaku.com
 ※報告書のエクセルファイル名に薬局名と取りまとめ期間を入れて保存してください。
  ご提出の際は、メールアドレスの件名に「薬局名及び取りまとめ期間」を記載してください。
薬局における薬剤交付支援事業の実施について R2.5.8[PDF]

 

—- 実施に関する Q&A —-

 Q1  薬剤の配送等実施報告書の書き方について(処方箋受付回数)
     週単位の報告だが、「当該月のすべての処方箋受付回数」欄は、どのように記載すればよいでしょうか。

 A1  取りまとめ期間の受付回数を記載してください。例えば、5/17~5/23分を報告する場合、
     その期間に受付けた回数となります。
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………….
 Q2  薬剤の配送等実施報告書の書き方について(処方箋単位の情報)
     報告書のロ. 処方箋単位の情報欄の  月分については、受付けた期間の月を記載するのでしょうか。
    
 A2  そのとおりです。4/30~5/16分の報告については、5月分と記載してください。
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………..
 Q3  宅配便より高価な運送サービスとはどのようなものでしょうか。
     
 A3  タクシー配送などが考えられます。
     日薬通知「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・
     特例的な取扱いにおける自宅療養中の患者への薬剤の配送方法に係る留意事項について」
     (R2.4.29 日薬業発第52号)を参照ください。患者さんと相談のうえ、できるだけ安価な方法で
     ご対応ください。      


・2020.5.13 サージカルマスク寄付について、5月13日付け下野新聞に掲載されました。

・2020.5.12 サージカルマスクの寄付を行いました。
      本年5月12日、栃木県四師会による災害時の医療救護活動に関する協定を締結している、
       栃木県医師会、栃木県歯科医師会、栃木県看護協会にサージカルマスクをそれぞれ2,000枚ずつ
       寄付いたしました。
       新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中、医療従事者を取り巻く環境が深刻な問題となる現状
       において、四師会の一員として各団体に支援協力することで、患者さんや県民の皆様の健康を守る一助
       となることを 願っております。

 

 

左から 栃木県医師会会長 太田照男様
 栃木県薬剤師会 渡邊和裕会長、越川千秋副会長、小野村淳常務理事
 

 

 

 

 

 

左から 栃木県歯科医師会会長 宮下均様
 栃木県薬剤師会 渡邊和裕会長、越川千秋副会長、小野村淳常務理事

 

 

 

 

左から2人目 栃木県看護協会会長 渡邊カヨ子様
 左から栃木県薬剤師会 渡邊和裕会長、
  1人おいて 越川千秋副会長、小野村淳常務理事  

 

 

 


・2020.4.15 医療用マスクの配付について(会員外薬局の方へ)
       新型コロナウイルス感染症の緊急対策として、国から提供を受けた医療用マスクをB会員へ配付いたしました。
      本会会員以外の薬局も当該マスクの配付対象となりますので、配付を希望する場合は、栃木県薬剤師会事務局
      までご連絡ください。
      本会窓口でのお渡しか、郵便でお送りいたします。(送料がかかります。)
       (お問合せ先)栃木県薬剤師会事務局 TEL:028-658-9877

・2020.3.13 薬局実務実習における新型コロナウイルス感染症への対応について(会員ページよりご確認ください。)

・2020.3.13 2019年度第二回保険薬局研修会 の開催中止と令和2年度調剤報酬改定等資料の販売について

・2020.3.2  新型コロナウイルスに対する3月22日の研修会について(会員宛通知)

 ①「オンライン診療に伴う緊急避妊薬の調剤に関する研修会」(3/22) は延期(開催日未定)となりました。

 ②「第二回保険薬局研修会」 (3/22)は中止となります。ただし、プログラムを縮小し、WEBによる動画配信を
  検討中です。会員各位には決定次第ご案内いたします。

 


【関係機関の情報】

厚生労働省ホームページ

栃木県ホームページ
 
日本薬剤師会ホームページ